ゼニカルの使用方法

ゼニカルは食べた油分を腸内で吸収させずに排出させる医薬品、有効成分のオルリスタット(オーリスタット)を含有した肥満症治療薬です。ゼニカルの作用は、脂肪阻害効果といって、食事でとった脂肪の吸収を抑える働きがあります。ゼニカルは、食事として体内に取り込んだ脂肪を、消化することなく、便としてそのまま体の外に出します。通常であれば体内に吸収されてぜい肉になるはずの脂肪が排出されるわけですから、ダイエットに効果があるのは納得できる話です。ある程度痩せてきてあと数キロ痩せたい人や、体型管理が必要で微妙に体重を落としたい人などにオススメ。

ゼニカルを飲むベストなタイミングは、通常は1日3回食事の時か食後1時間以内に1錠(120㎎)を服用します。食前に飲んでしまうと若干効果が薄れてしまいますので注意が必要です。1日で3錠です。食事を取らない時はゼニカルも服用する必要はありません。その他、脂の多い食事の時だけに服用し、体重増加の予防で飲んでいらっしゃる方もいます。また、ゼニカルは単独で飲んでいれば痩せると言うものではありません、ダイエットと一緒に補助として行う事が重要です。また、内服を始めてもすぐには痩せません。体の中の脂肪が消費されるにはかなりのエネルギー消費を必要とします。1回の食事でゼニカルを2錠以上まとめて服用する、という飲み方は禁忌です。仮に2錠服用して成分の濃度が高くなったとしても、得られる効果が倍増したりはしません。

ゼニカルを服用することで大きな病気などの副作用が出るということはありません。ただし、お通じがよくなって、軟便や下痢といった症状を報告されています。また、可能性は限りなく低いですが、人によっては肝機能に障害が出る場合もあるようなので、肌がかゆくなったり、目、皮膚の色が黄色くなったり、食欲不振等の肝障害の症状が出たら、すぐに医師に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です